ザイデナ ~新たなED治療薬~

バイアグラ・レビトラ・シアリスに続く、新しいED(勃起不全)治療薬ザイデナについての紹介サイトです

ガッツポーズしている男性

狭心症のスエルゴメーター検査とザイデナの服用

肉食中心のコレステロールの多い食事ばかりをしていると、やがて動脈の内側の壁にこびりついて血管の太さをせばめるもとになってしまい、血液をスムーズに送り出すために必要な弾力性も落ちてきて、ついには動脈硬化になってしまいます。
このようなことが心臓の筋肉に栄養や酸素の詰まった血液を届けている冠状動脈で起きてしまうと、血液不足であることを知らせるため、胸の痛みや圧迫感のようなものを感じるようになり、これを狭心症と呼んでいます。
この狭心症の診断にあたっては、通常のように医療用の寝台にあおむけになって行う心電図検査ではなく、動きながら心電図を計測するという特別な方法がとられます。
そのような方法のひとつとして、スエルゴメーター検査とよばれるものがあり、これはフィットネスクラブによくみられるエアロバイクのような装置を漕ぎながら、心電図などを測定するというものです。
こうした検査によって、狭心症であることが明らかとなった場合には、手術という方法がとられることもありますし、また発作を止めるためにニトログリセリンなどの硝酸薬が処方されることもあります。
ここで、硝酸薬のような医薬品を日常的に使っている人が、男性機能の低下、いわゆるEDの症状にもなやんでおり、その対策としてED治療薬を服用したいという場合には、かなりの注意が必要となってきます。
ED治療薬にはさまざまな銘柄があり、たとえば韓国製のザイデナなどはその一例ですが、いずれの銘柄であるにせよ、血管を拡張させることによってEDを解消するという作用は共通しています。
硝酸薬とED治療薬を一緒に服用してしまうと、相乗効果によって血圧が急降下してしまい、意識に障害が出るなどの副作用が懸念されるため、原則的には併用禁止となっています。