ザイデナ ~新たなED治療薬~

バイアグラ・レビトラ・シアリスに続く、新しいED(勃起不全)治療薬ザイデナについての紹介サイトです

ガッツポーズしている男性

勃起不全と血管年齢の関係とザイデナの効果

メタボの男性勃起不全症(ED)は日本の国民病とも言われる程、多くの日本人男性が悩まされる疾患です。その原因は、日本人男性の性に対する欲のなさなど精神的な要因が指摘されています。しかし、それ以外にも食文化の欧米化などにより生活習慣病の罹患率が高くなり、血糖やコレステロールが原因となり、動脈硬化が起こり、血管年齢が高くなることに起因する可能性もあります。動脈硬化が起こると、血管の弾力性が低下し、いざ体が勃起の為に血管を拡張して血流量を増やそうとしても血管がうまく拡張しなかったりして、勃起を妨げてしまいます。
そのような場合でもザイデナは有効な薬です。ザイデナは日本国内で有名なバイアグラ、レビトラ、シアリスと同様の作用機序を持ち、類似の薬効を示す勃起不全症(ED)治療薬です。日本においてはMeiji Seikaファルマが、開発元の東亞製薬と開発、販売のライセンス契約を締結しており、開発がすすめられていますが、まだ厚生労働省の承認は受けていません。将来的には、病院で処方してもらえるお薬となる可能性が高いですが、今は個人輸入でしか手に入れる方法がありません。ただ、既存の3剤と比較して、明らかなメリットが存在し、とても魅力的な医薬品です。まず、即効性が高いのが一番の魅力です。今までの薬をみてみると、バイアグラとレビトラで1時間前、シアリスで3時間前に服用の必要がありましたが、ザイデナは30分前に服用すれば効果的に使用できます。また、作用持続時間がバイアグラやレビトラと比較して長いため、多少飲むタイミングが早くなっても問題なく作用するのです。
ただ血管年齢が高くなるような生活習慣病をお持ちの方は、併用薬がある場合がほとんどかと思います。ザイデナには併用により効果が強くなったり弱くなったりする薬があるので注意してください。